運営ポリシー

『三国ベースボール』運営ポリシー

運営ポリシーとは『三国ベースボール』サービスにおいて快適なプレイ環境を提供することを目的とし、それを実現するためのプレイ指針および遵守していただく必要のあるルールなどを示すものです。

『三国ベースボール』サービスをご利用の際には、事前に当運営ポリシー及び利用規約をご確認の上でこれらを守っていただく必要があります。当運営ポリシーに存在しないその他の事項に関しては、すべて『三国ベースボール』サービス利用規約に基づき、必要に応じて対応させていただきます。

  • ※当運営ポリシーの内容は予告無く変更・追加・削除される場合があり、『三国ベースボール』公式サイトへ掲載された時点から有効となります。

1.楽しくプレイするためのルール

プレイヤーは『三国ベースボール』をプレイしている間、次に挙げる利用規約に基づいたルールに従っていただく必要があります。『三国ベースボール』内で遵守していただくルールをすべて網羅しているわけではありませんが、プレイヤーのどのような活動が適切であるかを判断するのにふさわしい基準を提供しています。
プレイヤー間のトラブルには原則として対応いたしませんが、下記に該当する行為を確認した場合は、WEB上のお問い合わせフォームからご報告ください。

  • a. 他のプレイヤーに嫌がらせをしてはなりません。嫌がらせとは、特定または不特定多数のプレイヤーをターゲットにして、過度な害を与えたり迷惑をかけたりすることと定義されます。
  • b. ゲーム内の通常のプレイに適した環境を破壊してはなりません。通常のプレイに適した環境の破壊とは、特定のプレイヤーではなく、不特定多数のプレイヤーに害を与えたり迷惑をかけたりすることを意図したあらゆる活動と定義されます。
  • c. ゲーム内の機能や、公式サイトのフォームまたは掲示板を不当利用してはいけません。
    • ・汚い言葉遣いを用いた利用罵りや実世界における人種的中傷、または環境に調和せず感情を害することを意図した言葉を含め、汚い言葉を過剰に使用する行為。
    • ・サポートスタッフ、関係者へのなりすまし他のプレイヤーに自分がサポートスタッフまたは関連企業の社員や関係者であると偽る行為。
    • ・サポートスタッフへの妨害
      サポートスタッフに対して脅迫を行ったり、悪態をついたりする行為。虚偽の内容で不具合報告や弁済要求などを送信する行為。または、サポートスタッフの対応が不要と思われる些細な問い合わせや同一の問い合わせを繰り返すなど、サポートスタッフの業務に支障を与える行為。
  • d. ゲームシステムの不具合を利用してはなりません。不具合を利用して、システムが意図しない利益を得たり、それらの情報を他のプレイヤーに公開して不具合の利用を促したりする行為は禁止されています。ゲームシステムに不具合があることを発見した場合は、WEB上のお問い合わせフォームよりご報告ください。
  • e. サポートスタッフの指示には従ってください。
    さまざまな対応を行うため、サポートスタッフはゲーム内外で、問題解決のための指示を出す場合があります。速やかな問題解決のため、サポートスタッフの指示には従っていただきますようご協力をお願い致します。

上記のルールに違反する行為が確認された場合、その行為の性質によって、プレイヤーデータの削除やアカウントの利用停止などの対応が行われる可能性があります。
またはプレイヤーデータの削除やアカウントの利用停止などの対象となったときは、当該会員が保有する他のすべてのアカウントの使用を一時停止、またはアカウントの利用停止をする可能性があります。

2.命名について


ゲーム内で名前(プレイヤー名など)を設定する際は、下記のルールを参考に命名してください。下記すべてに関して、それらの1つあるいは複数の単語の綴り間違いや代替的な綴りが含まれていても、命名の意図が明確であると判断されるものは受け入れられません。
  • a. 下品で、冒涜的で、無礼な名前、または差別的な名前で、一般的な罵り、人種的中傷が含まれた名前。
  • b. 言葉の組み合わせによって不快感を与える名前。
  • c. 宗教的な名前。
  • d. 犯罪者の名前。
  • e. 他のプレイヤーに対して、揶揄、中傷することを目的とした名前。他のプレイヤーになりすますために使用される名前。
  • f. 製品、サービス、概念などの登録商標を含む名前(株式会社ベクターなど)。
  • g. サポートスタッフ、株式会社ベクターや関連企業を代表する者の評判を傷付けることを意図した名前。サポートスタッフ、または株式会社ベクター、および関連企業を代表する者になりすますために使用される名前(「サポートスタッフ」など)。
  • h. サポートスタッフ、株式会社ベクターが任意に不適切と判断する名前。

上記のルールに違反する名前が見つかった場合、プレイヤーデータの削除やアカウントの利用停止などの対応が行われる可能性があります。

3.サポート対応について

『三国ベースボール』においてサポートスタッフは、以下の対応ポリシーに従いサポートを行います。
サポートスタッフによる対応をご希望される場合は、以下の対応ポリシーをご確認の上、WEB上のお問い合わせフォームよりご報告ください。
原則、当事者であるご本人様よりご連絡下さい。第三者からご連絡いただいた場合は、対応が行えない事がございます。

  • a. 攻略情報について
    ゲーム内の説明および公式サイトなどで公表されていないゲーム内容に関する情報は攻略情報となり、サポートスタッフはこれらの質問にお答えできません。
  • b. 嫌がらせ(ハラスメント)について
    原則としてプレイヤー間のトラブルには対応いたしませんが、悪質な嫌がらせを受けている場合、サポートスタッフはその問題解決の為、可能な範囲で必要な措置をとります。嫌がらせは、行為を受ける側の人や集団の心の問題となり、多種多様な形態に成り得ますが、サポートスタッフは平均的な人が「嫌がらせをされた」と感じるかどうかを念頭におき、中立の立場でもって対応に当たります。そのため、嫌がらせを受けたと感じた場合であっても、必ずしもサポートスタッフによる対応が行われるわけではないことをご了承ください。ゲーム内でこのような問題に遭遇した場合、WEB上のお問い合わせフォームよりご報告ください。
  • c.『三国ベースボール』に関係のない内容について
    『三国ベースボール』に関係のない内容についてはお答えできません。
  • d. 補償や復元について
    いかなる状況に関わらず、補償や復元は必ず保証されているわけではありません。ゲームの不具合やサーバー障害など、開発・運営側の問題により生じた問題に関しては可能な限り調査を行ないますが、すべての状況で希望される対応ができるとは限りません。あらかじめご了承ください。
    • 【誤って使用または売却したアイテム】

      誤って使用されたアイテムや、売却したアイテム、ゲーム内のシステムを使い他のプレイヤーに渡したアイテムについては弁済を行うことはできません。
    • 【削除されたプレイヤーデータ】

      プレイ状況によって期間は異なりますが、一定期間ログインしていない場合、プレイヤーデータを削除する場合があります。これにより削除されてしまったプレイヤーデータについては、復旧等の対応を行なう事はできません。また禁止事項に違反し、サポートスタッフにより削除されたプレイヤーデータについても、復旧等の対応を行なう事はできません。 不具合により失われたアイテムなどのプレイヤーデータ 不具合によりゲーム内のアイテムなどのプレイヤーデータが失われた場合、サポートスタッフはこれらを調査し、対応が可能な場合に限り弁済等の対応を行ないます。これらの問題に遭遇した場合、速やかにWEB上のお問い合わせフォームからご報告ください。
    • 【アカウントハックによる被害】

      OTP(ワンタイムパスワード)を導入されていたお客様に関しては、可能な限り被害前の状態への復旧対応を行いますが、状況により完全な復旧対応ができない場合がございます。
      OTPを導入されていないお客様に関しては、原則アカウントハックによる被害の対応は行いません。

■アカウント・パスワードについて

サポートスタッフがプレイヤーに対してアカウント・パスワードを聞くことは絶対にありません。

  • ※万が一ゲーム内でサポートスタッフ、運営関係者と名乗るキャラクターからアカウント・パスワードを聞かれた場合は、絶対に教えることはせず、相手の名前を明記の上、WEB上のお問い合わせフォームよりご報告ください。

■返信先メールアドレスの受信状態の確認のお願い

返信先のメールアドレスが無効となっており、返信できないケースや、迷惑メールフォルダに振り分けられ、返信に気づかないケースが確認されております。

お問い合わせいただく際は、返信先メールアドレスが受信できるものかご確認の上、お送りくださいますようお願いいたします。
また、サポートスタッフからの返信メールを正常に受信できるよう、下記の点をご注意いただきますようお願いいたします。

  • a.メールアドレスが無効、有効期限が切れている
    一部フリーアドレスでは、一定期間以上使用しないとメールが受信できなくなる場合があります。メールアドレスが使用可能かどうか、また有効期限に問題がないかご確認いただき、正常に受信できる状態をご用意ください。
  • b.返信メールが「迷惑メール」フォルダに振り分けられている
    サポートスタッフからの返信メールが「迷惑メール」フォルダに振り分けられているケースが確認されております。 ご利用のメールサービスの設定、メールソフトの設定をご確認いただき、「@vector.co.jp」というドメイン名からのメールが「迷惑メール」として扱われないようにしてください。

4.ファンサイト(WEBサイト)での画像の使用について

『三国ベースボール』を盛り上げるファンサイト制作者は、スクリーンショットなどの画像を自身のファンサイトで使用することができます。ただし、商用目的での利用はその一切を禁止しております。

  • a. ファンサイトは、非商用・非営利目的によって作られた、個人もしくはグループのWEBサイトとします。
  • b. 公式サイトに掲載された文章、及び画像を利用する場合は、ファンサイトの運営目的以外に利用することを禁じます。
  • c.株式会社ベクターや関連企業及び他のプレイヤーの誹謗・中傷目的のためにスクリーンショットなどを利用することを禁じます。
  • d. スクリーンショットに自分以外のプレイヤー名が表示されている場合は、そのプレイヤーに了解を得てから使用してください。スクリーンショットに写っている自分以外のプレイヤー名を隠すために、表示部分を切り取るなどの加工処理を行ったものを使用しても構いません。
  • e. スクリーンショットなどの画像を使用する場合、必ず以下の著作権表示を明示してください。
    • © Vector Inc. All Rights Reserved.
    • © CatanTech Inc. All Rights Reserved.

5.アカウントハック(不正アクセス)について

悪意ある第三者によるアカウントハックが近年急増しております。被害に遭うとお客様のキャラクターの所持しているカードなどのゲーム内資産を奪われたり、ゲーム内で不正行為のために利用されたりするなどの被害を受けます。

  • a. アカウントハックに遭うアカウントの特徴
    安易なアカウントやパスワードの脆弱性がハッキングされる主な原因となっております。また他社サービスのログインパスワード、メールアドレス等の流出によって得た情報が元となってアカウントハックが行われることもあります。弊社サービスにおいて、他社サービスと同じアカウントやパスワードをご使用の場合は、変更することをご検討ください。
    実際に被害にあうプレイヤーのアカウントは「アカウント」「メールアドレス」「パスワード」等に共通の文字列が使用されているものが高い確率で被害にあっていることが確認されています。
  • b. アカウントハック被害のきっかけ
    • 【他人にアカウント情報を教える】

      該当の情報を他人に通知した事が原因となり、ゲーム内データをハックされてしまう事例が報告されています。
    • 【ウイルス・キーロガーによるアカウント情報の流出】

      何気なく巡回したサイトやお知らせメールのURLをクリックすることで、そこからウイルスに感染、キーロガーを仕込まれるケースが確認されております。
    • 【各種サービスからの流出】

      インターネット上で登録する各種サービスにおいて、同じような文字列のアカウント、パスワードを使用する事で、どこか1箇所から流出した為にその他のサービスにおいてもアカウント、パスワードを見破られてしまう可能性があります。
    • 【RMT業者によるアカウントハック】

      RMT業者にアカウントハックされてしまう事例が確認されております。RMTを利用しないことはもとより、RMTサイトでアカウント、パスワードを入力することは、決して行わないでください。
  • c. アカウントハックに関する対策
    アカウントハックに遭わないためには、お客様一人一人がご自身で防衛する他ありません。例として、以下のような対策を行う事をお勧めします。
    • ア. OTP(ワンタイムパスワード)を導入する。 安心セキュリティー『OTP(ワンタイムパスワード)!』説明ページ
    • イ. パスワードには安易な文字列を使用しない。(例:abcd 、0000 、pass 、password )
    • ウ. パスワードをアカウントと同じ文字列にしない。
    • エ. パスワードにゲーム名や運営会社名などを使用しない。
    • オ. パスワードは英字だけ、数字だけなど、単一の文字列は使用せず、英字や数字を混ぜるなど、複数の文字列を使用したパスワードを設定する。
  • d. アカウントハックの被害を受けた場合
    正しいアカウント、パスワードでゲーム内にログインできなくなった。前回終了時に所持していたアイテム、カード等が消失している。等ゲームデータに異常を感じたら、すぐに以下の4つの項目に関してご対応いただきますようお願い致します。
    • 1.パスワードの変更(可能な場合)
    • 2.サポートスタッフへの連絡(WEB上のお問い合わせフォームからご報告ください。)
    • 3.ウイルスチェックの実施
    • 4.スパイウェアチェックの実施

6.フィッシング詐欺にご注意ください

個人情報が流出したと偽ってオンラインゲームの公式サイトに似せた不正サイトに誘導し、アカウントおよびパスワードを入力させる「フィッシング詐欺」が行われていることを確認しております。

フィッシング詐欺を目的とした不正サイトは、公式サイトと全く同じ素材を使用しており、URLも非常に似通ったものを使用しているため、見た目には判断がつきにくい可能性がございますので、万が一、アカウントおよびパスワードの入力を促す案内メールが届いた場合は、記載されているURLにご注意ください。

株式会社ベクターが運営するオンラインゲーム関連で使用されるURLのドメインは以下の通りです。

  • ●URLのドメイン
    • 359bb.vector.co.jp
    • vector.co.jp
    • secure.vector.co.jp
  • ●不正サイトのURLの例
    • http://359bb.vector.co.jp.abcdefg/

※「359bb.vector.co.jp」と「/」の間に何か文字列が含まれている場合は注意が必要です。上記の例の場合は「.abcdefg」が含まれています。

7.RMT(リアルマネートレード)について

RMTとはゲーム内の通貨、カード、キャラクターなどのゲーム内資産を現実の通貨と取引する行為です。実際にはRMT業者を介し様々なゲーム内データの取引をしているケースが目立ちます。ゲーム内で使い捨てのキャラクターを作成し、チャットなどを使い取引サイトを宣伝してくる場合もあります。

  • a. RMTの問題点
    • ・アカウントやパスワードを抜き取る不正アクセスの誘発。
    • ・詐欺などの犯罪の誘発。
    • ・海外からの不正な接続の蔓延。
    • ・金銭目的の不正ツール(BOT)が蔓延する一因となり、正常にゲームを楽しめなくなる。
    • ・ゲーム内の物流価値の変動によるゲーム内バランスの崩壊。
    • ・ゲーム寿命の著しい低下。
    ※RMT業者が販売しているゲーム内通貨やカードはアカウントハックで生み出されていることが多々あり、こうした業者を利用することは、知らないうちに犯罪の片棒をかつぐことにもなります。
  • b. RMTに関わらないために
    ゲーム内通貨・アイテム・カード等を第三者に貸与、販売、転売し、現金並びに電子通貨を含むその他の対価を得る行為、及び、現金並びに電子通貨を含むその他の本サービス内で取引が不可能な対価により当社以外の第三者からゲーム内通貨・アイテム・カード等を得る行為を禁止しております。買う側も売る側も等しく処罰されます。
    また、そのような行為を助長するような発言等を含めた行為に対しても厳しく対応を行います。
    RMTには買う人がいるから売る人が存在するという側面もあります。RMTを無くすためにはゲームをプレイされる皆様が意識を高め、RMT行為に関わらないようにしていくことが不可欠です。

すべてのプレイヤーの皆様が、安心してお楽しみでいただけるよう、今後も必要となる対策と措置は継続的に行ってまいります。プレイヤーの皆様におかれましても、不正行為に関与することのないよう、ご注意いただけますようお願いいたします。
これらの禁止事項は、株式会社ベクターが運営する他のタイトルとは異なる場合がございますので、ご注意ください。

※これらの内容は予告無く変更・追加・削除される場合があり、公式サイトへ掲載された時点から有効となります。

公示日 2014年6月30日